子供の成長に合わせたベビー用品を買おう【選ぶ方を伝授】

質の良い物を必要な時期に

赤ん坊

ベビー用品を揃えるに当たっては、出産前に全て揃えておかなくても良いのではないでしょうか。結局一回も使用しなかった、というものが出てこないよう、初めは最低限のものを揃えておいて、後は赤ちゃんを育てながら必要なものを買い足すという風にすると良いでしょう。

詳しく見る

おすすめ記事一覧

MENU

新生児のための用意

乳児と女の人

自宅に赤ちゃんを招く前に用意しておきたいのがオムツのような消耗品です。こうしたベビー用品は赤ちゃんのサイズに応じたものを買いましょう。また大型ベビー用品はレンタルで準備することもできます。レンタルであれば使用後の処分に困りません。

詳しく見る

ベビーベッドを用意する

赤ちゃん用品

ベビーベッドを購入する場合、安価なものであれば一万円ほどで手に入ります。逆にレンタルした場合は、半年で九千円ほどかかるのが一般的です。こうした大型ベビー用品はインテリアとしても魅力的なものが好まれています。

詳しく見る

出産前に用意しよう

赤ちゃん

ベビー用品は出産前に用意しておきましょう。それでも買い忘れてしまうものはあるはずです。そんな時には産後でも通販を利用すれば買い集めることができます。また、出産祝いの品として要望してみるのもいいかもしれません。

詳しく見る

子供に合ったものを

親子

ベビー用品で、特に服などはサイズ感や着せやすさなどをしっかり考えて購入することが大切です。通販サイトを活用すれば、色んなデザインのものを見つけることが出来るのでお洒落なものを購入することが可能になります。

詳しく見る

赤ちゃんの服選び

乳児と赤ちゃん用品

成長によって選んでいこう

赤ちゃんが産まれるとたくさんのベビー用品が必要になります。赤ちゃんの洋服選びはたくさんの種類があるからとても楽しく、どれにしようか迷ってしまうくらいです。赤ちゃんの洋服には様々なスタイルがありますが、月齢や赤ちゃんの成長具合で選ぶ目安とすると良いでしょう。産まれたばかりの赤ちゃんからお座り前の赤ちゃんまでは、上下が繋がっているカバーオールタイプの肌着や洋服が便利です。早く上下別のセパレートを着せたいと思うお母さんもいますが、お座り前の赤ちゃんは腰をしっかり支えられないので寝ながら着せらせるカバーオールやロンパースが楽でしょう。腰が据わってお座りが出来る様になったらセパレートタイプがおすすめです。また、カバーオールも赤ちゃん特融で可愛らしいですが、歩き始めたり動きが活発になってくると上下繋がった服では動き辛さを感じるかもしれません。ベビー用品は洋服以外でも涎がたくさん出る時期にはスタイを付けることもおすすめです。スタイは様々な種類があって赤ちゃんのおしゃれポイントとしても取り入れることができます。洋服の襟のようなものから人気のキャラクターものまで様々なものがあります。涎で服が汚れてしまう時期はスタイでカバーしたいお母さんも多くいるでしょう。1歳過ぎて歯が生え始める赤ちゃんもいるため、涎が長引く子もいます。ちょっとスタイを付けるのに恥ずかしく感じる場合は小さめのデザインのスタイを付けるとあまり目立たなくて良いでしょう。たくさんの種類があるベビー用品はどれも目移りしてしまいますが、赤ちゃんの成長に合ったベビー用品を選ぶことが大切です。